ビジネス

【一人暮らしなら絶対に会社の近く!】通勤時間の有効化のために 人生を豊かにするために

スポンサーリンク

ワンルーム男子
これから一人暮らしをしようとしている社会人の方、どこに住もうか悩んでいませんか?

実家から近いところがいいのか、
都心に近いところがいいのか、
郊外がいいのか、
いろいろあると思います。

ですが、答えは簡単です。
ズバリ  会社から近いところ  です。

具体的には、そうですね、15分〜20分ぐらいですかね。
もちろん近ければ近いほどいいですね。

私は、高校、大学、就職、転職、この過程で、
通勤/通学時間が1時間半、1時間、30分、10分、5分、全て経験しました。
私の最高記録は、勤務先までチャリ通で5分でした。

その経験を経たからこそ、「会社に近いところ」をおすすめします。

この記事では会社に近いところに住む、メリット、デメリットをまとめてあります。
最後まで読んで頂くと、メリットを感じてもらえるし、住む場所の参考になると思います。

メリット

朝ゆっくりできる

始業が9時の企業がほとんどだと思います。
その場合、通勤にそれなりに時間がかかる多くの人は、7時半ぐらいには家を出ているのではないでしょうか。

しかし会社から近いと、下手すれば8時半に出れば間に合うかもしれません。

この1時間の差はでかいです。

朝に弱い人にとっては大きな、メリットとなるでしょう。

 

満員電車を避けられる

満員電車

通勤ラッシュ。
社会人にとってこれがかなりの苦痛です。
下手すれば会社行くだけで疲れてしまいます。

会社から近ければ自転車通勤も可能です。

満員電車を回避できることで仕事にも好影響と言えるでしょう。

 

急な出勤に対応しやすい

極力無いようにしたいですが、休日出勤しなければならなくなったときなど、すぐに対応できます。
会社から遠いとかなり億劫です。

 

時間を有効活用できる

有効活用できる時間を試算してみましょう。

会社から遠い人と近い人、出勤は両方ともカレンダー通りという条件。
もし通勤に40分の差があり、一月の稼働が20日(計算しやすいように)とします。

すると、まず1日の通勤差が 80分(往復)、
それを × 20日 で、1600分 およそ27時間です。

この「一月27時間」を通勤に充てる人、趣味や副業に使える人、この時点で双方の人生の豊かさという面で大きな差が出ます。

これが1年とかになるとすごい数字になるのは言うまでもありません。



 

デメリット

落ちる男性

都心に近い場合、家賃が高い

都心だとワンルーム、しかもそれなりにキレイなところ、だとやはり7ー8万はするでしょう。

新社会人にとっては少々きついかもしれません。

ですが、ある程度割り切って探せば、4ー5万の物件もありますので、じっくり探しましょう。
できるだけ安いところに住んで、その分自己投資に回した方がよっぽど利口です。

 

プライベートとの切り替えがしずらい

会社から近距離ですと風景もあまり変わりないので、オンオフの切り替えがしずらいかもしれません。
プライベートで会社に行くわけでは無いので、ここはあまり気にせずいきましょう。

 

残業癖がつく可能性がある

これが一番怖いです。

残業をしなくてもいいはずなのに、家が近いから、「もう少しやっていこう」となる可能性があります。
私も実際そうでした。
すぐ家に着くから、少し遅くなっても、前に比べればいい方だろう、と考えてしまうのです。

せっかく会社の近くに引っ越したのに、

「もう少し、もう少し」

と言っているうちに、通勤時間短縮のメリットを生かせず、帰宅は引っ越し前と変わらず、と言う始末でした。
残業はせず、とっとと帰りましょう。

 

他の要素も知りたい方はこちらに詳細が載ってます。

会社の近くに住むのを全力でおすすめする4つの理由【家賃5倍でも】

まとめ

会社の近くに住めば通勤時間の短縮など、時間を有効活用できる。
家賃はなるべく安いところにしよう。
お金と時間は自己投資に使おう。

自己投資を考えてる方はこちらもどうぞ。

参考
お金の上で勉強する男性
今こそ自己投資せよ 人生を豊かにするため お金と時間を持て余している人へ絶対伝えたい

続きを見る

スポンサーリンク

-ビジネス
-, , , , , , ,

© 2022 サカらいふ Powered by AFFINGER5