サッカー

初めてのサッカースパイク 購入までのステップをわかりやすく紹介します

スポンサーリンク

サッカースパイク

サッカースパイクって何?
サッカーシューズとは違うの?
チームから購入するうに言われたけど、本当に必要?
いろいろメーカーがあるけど、どうやって決めていいかわからないよ。

このように迷ってるパパママは意外と多いはずです。

 

サッカー経験者のパパママでしたら知識があるので悩まないと思いますが、
サッカー未経験の人はそうもいきません。
お子さんのプレーに関わることですし、決して安くはありませんので、クエスチョンが多くなってしまうのは当然です。

 

私も小学2年からサッカーを始めて、かれこれ30年以上経ちますが、初購入ではかなり迷いました。
というか、友達が購入しているのを知って、「じゃ、俺も」みたいな感覚でなんとく自分も買った記憶があります。

 

でもサッカーを30年以上やっていると、当然スパイクの購入数も数え切れません。
自分の足に合っているスパイク、かっこいいデザイン、耐久性、このような知識がどんどん蓄積されていきました。
そんな私の経験と知識をもとにサッカースパイクの選び方、特徴を紹介していきます。
少しでもスパイク選びの参考になると嬉しいです。

 

トレーニングシューズ編はこちら

サッカースパイクとは

スパイクは、トレーニングシューズでは滑りやすいグランド(芝や軟らかい土などのグランド)でも、滑りにくくプレーするため靴底のスタッドが大きいシューズです。

*スタッドは靴の裏のボツボツのことです。

 

購入するタイミング

小学生3~4年生あたりが多いのではないでしょうか。
なかには高学年でもトレーニングシューズでプレーする子もいます。

 

確かに滑りにくくなるこは確かですが、低学年のうちは骨や筋肉もしっかりしていないので、スパイクによる足への負担はかなり大きいです。
焦らずじっくり購入のタイミングを見極めましょう。

 

そして、個人差がありますので、まわりが履いているからといって無理して履くことは避けましょう。

 

 

種類と用途

購入することが決まったら、事前に情報を整理しておきましょう。

 

スパイクは2種類

固定式 取り換え式
靴底 サッカースパイク固定式 サッカースパイク取り換え式
使用場所 固い土や使用許可が出てる校庭など 軟らかい土や芝
補足 雨でぬかるんだグランドでは動きづらい 靴底のスタッドが取り外し可能

 

固定式

小中学生は固定式でOKです。

小学生の場合、多くの試合で取り換え式は原則禁止の場合が多いです。
試合前の審判が靴底のチェックをするのはそのためです。

ですので、初心者でスパイク購入を考えている方は、おそらく小学生が多いと思いますので、固定式を選んでください。

 

 

取り換え式

芝でのプレーが多い中学生や高校生になってから購入する方が多いです。

あと、雨天の泥グランドでやるときは取り換え式がいいです。

 

 

選定基準

デザイン基準でOK

子供はやはり、カッコいい、気に入ったデザインのシューズを履きたいですよね。
僕もそうです。

そりゃそうですよ、数千円のお金出して買うんですもの。
まずはメーカーを問わず気に入ったもの選びましょう。

 

そしておおざっぱでいいので、メーカーの特徴をしっておきましょう。
そうするとデザインで迷った時、次なる選択肢の基準になるからです。

もちろん逆でもいいです。
先にメーカーを絞って、その中からデザインを選ぶのもOKです。

そのうち繰り返し購入するうえで、自分に合っている、しっくりくる、
という好みのメーカーがわかってきます。

 

メーカーの特徴

とらえ方に個人差がありますが、各メーカーの特徴を簡単に抑えていきましょう。

 

ナイキ

アメリカのメーカーです。カラフルでデザインが豊富です。
縫い目が少ないのが特徴で、加速力や機敏さを追求したつくりが多いです。

nike

 

アディダス

ドイツのメーカーです。
機能性に優れており、世界中のプロサッカー選手に愛用されています。

adidas

プーマ

ドイツのメーカーです。(アディダスと兄弟です)
比較的リーズナブルものが多いのが特徴です。フィット感もいいです。
私はずっとプーマを愛用しています。(ちなみにキングカズもです)

puma

ミズノ

誰もがしる日本のメーカーです。ワイドな造りですので、足が幅広の人におすすめです。
ボールを蹴った時の感触が足に直接伝わりやいです。
また、日本人に好まれる理由として、幅広・甲高の足にフィットしやすい造りになっている点があげられます。

 

アンブロ

『ACCERATOR』シリーズは有名で、多くのガンバ大阪の遠藤選手をはじめ、多くのプロ選手が履いています。
他のメーカーのような派手さは無いですが、プレースタイルにとらわれないフィット感があります。

umbro

 

アシックス

言わずと知れた日本のメーカーです。
ランニングシューズのイメージが強い人もいるかもしれませんが、その強みを生かしていることもあり、日本人の足に合うように作られています。
多くの方がジャストフィットする感覚になります。

asics

 

その他

ニューバランス、ヒュンメル、ディアドラなどいろいろありますので気になったらとにかく履いてみましょう。

 

 

購入しよう

さあ、予備知識がついたところでいよいよショップへ購入しにいきましょう。

購入の際のポイントもまとめましたので紹介します。

 

試し履きは必ず

同じサイズでもメーカーによっては緩く感じたり、きつく感じたりします。
お店で試し履きをして、そのあと、同じ商品をネットで安く購入するのはOKです。

shoes

サッカーソックスを忘れずに

サッカーソックスを持っている人は履いていきましょう。
持っていない人は厚めの靴下でOKです。

サッカーソックスは普通の靴下と比べて少々厚めですから、普段の靴下だとフィット感を確認できません

 

対応のいいショップ

B&Dはスポーツ経験者のスタッフが多く、サイズ感や商品の特徴を親身に説明してくれます

他のスポーツ総合店はいまいちです。
サイズ出しのスタッフという感じです。(全てに当てはまるわけではありませんが・・・)

 

ゼビオは足の計測もしてくれるのでおすすめです。
【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ

 

ネット購入はNG

今やネットで何でも買える時代ですが、
サッカーシューズは絶対に試し履きをして感触を確かめてください。

サイズがわかっているから大丈夫、というのは禁物です。

 

 

中古品アプリもNG

誰かが履いた靴は、絶対その人の足の形に馴染んでしまっています。
ですので、履いても履いてもなかなかしっくりこない、というケースもありますので、気をつけてください。

shoes

 

購入後に気をつけること

かかとは踏まない

スパイクを長持ちさせるため、かかとは踏まないようにしましょう。
かかとが潰れると傷むのが早いです。

ついついヒモをほどかず脱いで、履く時は足を突っ込んでつま先トントン、なんてよく見かけますが、本当にすぐダメになります

ほどいて脱ぐ、かかとを踏まずに履く、を習慣づけましょう。

 

足への負担

トレーニングシューズと違い、数個のスタッドで体重を支えているので、当然足への負担は大きいです。
プレー中、足に違和感を覚えたら、すぐにトレーニングシューズに履き替えましょう。

また、練習後や試合後に、めんどくさいからといってスパイクのまま家に帰るのもやめましょう。
(さすがにないと思いますが・・・)

そして、まわりの友達がスパイクを履いているからといって、無理して履く必要はありません。
自分の感覚を大事にして慣れていきましょう。

また、負担を和らげる中敷きもスポーツショップなどで購入できますので、合わせて検討してみてもいいでしょう。

 

靴ズレを予防

新しい靴は靴連れの心配があります。
馴染むまではあらかじめ、テーピングなどをかかとに貼ってから履きましょう。
1週間ほど履いたら大丈夫だと思います。

 

余分なヒモは切ろう

おそらく靴ひもは、小学生が普通に結んだら長いはずです。
長いままにしておくと、靴ひもを踏んで転んだり、とても危険です。

蝶々結びを2重3重もやることもNGです。

長い靴ひもはちゃんとカットして、ちょうどいい長さにしおきましょう。
こちらでも紹介してます。

 

匂いが気になる人へ

日常生活でもスポーツでも、やはり靴の中は蒸れます。
特にスポーツは足もかなり汗をかきますので、匂いが気になるパパママは、
靴を脱いだら「匂い消し」を靴に入れておいてあげましょう。

 

 

まとめ

初めてスパイクを購入する方は固定式を選ぼう。

気に入ったデザインを選ぼう。(メーカーの特徴を踏まえるとなおいいでしょう)

足の負担には気を付けよう。

靴は大事に履こう。

何かわからないことがあれば気軽にコメントください。
それでは楽しいサッカーライフを!!

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

スポンサーリンク

-サッカー
-, , , , , , , , , , , ,

© 2022 サカらいふ Powered by AFFINGER5