WEB制作

Bnztrukの外部モニター 中国製はやはり安かろう悪かろう? 購入レビュー

スポンサーリンク

display

みなさん、こんにちは。

久々の商品レビュー記事です。

 

今回購入したものは外部モニターです。

プログラミングのスピードアップには欠かせません。

 

私も最近やっとコーディングのお仕事をいただけるようになりまして、作業スピードと効率をあげていきたいので外部モニターを購入しました。

 

購入した商品

  • 製品名 Bnztruk(中国製)
  • サイズ 14インチ
  • 解像度 ‎1920 x 1080 Pixels
  • モバイル式
  • HDMIポート数 2個
  • 価格  税込

 

 

なぜこれにしたかというと、安かったからです。

ネットショッピングで検索をかけるとだいたい15,000円から20,000円ぐらいが相場です。

しかし、Bnztrukが圧倒的に安かったんです。

 

モニターとして使うだけだし、ある程度画質が悪くても我慢して使うつもりでした。

しかし、いざ使ってみたら品質が悪くて最悪でした。

 

というわけで今回は「安くていいや・・・」と考えている方に警笛を鳴らす意味で執筆します。

 

それではみていきましょう。

商品パッケージと中身

まずは外箱です。

見た感じ普通です。

package

 

 

次に中身の写真です。

  • モニター
  • HDMIケーブル
  • スタンド
  • 充電アダプタ
  • 取扱説明書

package-inside

 

 

 

問題点

さっそく自分のノートパソコンと繋いで電源を入れてみました。

覚悟したとおり、画質があまりよくありません。

色が薄く、明るさを調整してもあまり改善されず。

 

そしていじり始めて5分ほど経過したところで画面がチカチカし始めました。
冒頭の動画のとおりです。

 

さすがにこれはあかんやろ・・・・・

ということで、この商品は販売元へすみやかにお帰り頂きました。(返品です)

 

 

 

あふれ返る中国製モニター

余談ですが、アマゾンや楽天で外部モニターを検索していると、知らないメーカーがたくさんありました。

試しに一つ一つ製品名を検索し、どこの国の製品なのか調べました。

 

調べたメーカーはこちら。

  • KOORUI
  • EVICIV
  • Kogoda
  • ARZOPA
  • ESR
  • ROADOM
  • Jlink
  • NANOK

調査の結果、「可能性が高い」も含めて全て中国製です。

いやー、すごいですね。ディスプレイ業界の中国勢は。

 

今回購入したモニターの質は、10,000円未満ということ考えると、運が悪かったのかもしれませんが、確かに値段に相応しい品質でした。

しかし、中国製を15,000円とか20,000円出してもやはり結果は同じような気がします。

 

 

まとめ

今回の購入で分かったこと。

  • 中国製は確かに安かろう悪かろう
  • 作業効率を上げるための投資はしぶっちゃダメ

 

ということで、これから外部モニターを購入するみなさんは「中国製」に気をつけましょう。

作業効率を上げるアイテムのはずなのに、画面を見るたびにストレスを感じるようでは本末転倒です。

 

やっぱり日本製ですね。

では次回の記事は、日本製を購入したレビューを書きますのでお楽しみに!

人気のあるサウナ
混雑必須・待ち時間あり!しかし一度は行くべき人気のサウナ5選

続きを見る

スポンサーリンク

-WEB制作
-, , ,

© 2024 人生フリーハンド Powered by AFFINGER5