ライフスタイル

【子育て】「怖い」と「厳しい」は違います 大事なのは子供に伝わっているかどうかです

スポンサーリンク

warning
どのご家庭もお子さんの教育方針はそれぞれだと思います。

なかには、
「うちは厳しくしつけてます」と自負している家庭。
「もっときつく言った方がいいのかしら・・」と悩んでいる家庭。
このように、人それぞれでしょう。

でもそれって、伝えるべきことが、本当に子どもに伝わってますか?
「厳しい」が「怖い」になってませんか?

どちらも同じようなニュアンスですが、
子どもにとっては全然違います。

親が言わんとしていることが、子どもに対して、伝わっているかどうか、が大事です。
これを親が冷静に判断することで、この悩みはすぐに解決できます。

私も小学生の子供がおりますが、
私自身が「厳しい」と「怖い」の判断ができていなかったときは、
子どもはルールを守らなかったりしてました。

しかし、子育てを試行錯誤して、いろんな本を読んだり人の話を聞いてみて、
「伝わっているかどうか」を意識していると、
子どもは、少しずつルールを守ったり、少しずつ気配りができるようなりました。

この記事では、「厳しい」と「怖い」の認識の違いを述べております。
個人的な見解であり、どのご家庭にもあてはまる、というわけではありませんが、
読み終えた時に、みなさんの子育ての参考になればうれしいです。

「怖い」と「厳しい」の違い

怖い

「怖い」は、怒鳴られたり、ゲンコツをされたりしたときに
子供が抱く感情です。

親からすると「厳しく」しているつもりかもしれませんが、
おそらく「伝えたいこと」は子供に伝わってません。

一時的にルール守ったり、言うことを聞くかもしれませんが、
おそらく長くは続かないでしょう。

なぜかというと、子供の頭には
「怖いから言うことを聞く」
「ルールを破ると罰があるから言うことを聞く」
という認識になっています。

なぜダメなのか、なぜ怒られているのか、
という物事の本質を子供自身が理解できていません。

boy

厳しい

「厳しい」は、多少強い口調になったり、子供によっては「怖い」に印象になるかもしれませんが、
「なぜダメなのか」をしっかり伝えます。

子供が繰り返しルールを守らなくても、
根気強く「伝えるべきこと」をその都度伝えます。

そして、子供の「なぜ」をしっかり受け止めて、
納得するまで話します。

要するに、怒鳴らくてもゲンコツしなくても「厳しく」できるのです。

ポイント

長い目でみる

一回言えばもう大丈夫、という子供はほぼいないでしょう。
子供は誰だって同じことを何回も怒られるものです。

大人だって同じミスを繰り返したりしてしまうことがあります。

ですので、親も子供に対して、長い目で見てあげましょう。

褒める

忘れてはいけないことは、必ず「褒めてあげる」ことです。

注意したあと、怒ったあと、少しでも親が伝えたことができた時、
思いっきり褒めてあげましょう。

子供に必要なことは小さな成功体験の積み重ねです。
その繰り返しで、子供はどんどん成長していき、
気づけば、親がそれほど強く注意しなくても、子供は率先して行動できてくるでしょう。

man_child

「禁止」はあまり意味がない

「次やったらこれは禁止!」
このセリフ言ったことはありませんか?

我が家の場合はテレビゲームでした。
ゲームのやりすぎで、しばらく禁止にしたことがあります。

しかし、解禁してあげても継続的にルールを守った試しがありません。
確かに「禁止」を恐れて、一時的にしっかり時間を守りますが、
それほど効果はありませんでした。

それよりもやはり「褒める」ことの方が効果は大きいです。
多少ゲームをやめる時間を過ぎてしまっても、軽く声をかけてあげる程度にとどめます。

そして自分からやめることができたら、たくさん褒めてあげまます。
これで子供自身が「できた!」となるのです。

この繰り返しで自然と予定時間でやめることができるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子育てにおいて、
「厳しくする」
「怒る」
ということは必要ですが、
子供が「怖いから言うこと聞く」と言う認識を持たないように気を付ける必要があります。

必ず
「なぜ守るのか」
「なぜやったらいけないのか」
と言うことを理解させて、その上て注意しましょう。

そして「できたら必ず褒める」です。

私も偉そうなことは言えませんが、少しても参考になれば幸いです。

子供関連の記事も紹介しておきます。

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, , , , , , , ,

© 2022 サカらいふ Powered by AFFINGER5