サウナ

Totonoi Japanの折りたたみサウナマットの魅力に迫る!

スポンサーリンク

備え付けのサウナマットについて考える男性

 

銭湯に置いてある備え付けのサウナマットにこのような不満はありませんか?

「長く座っているとお尻が痛い」

「いまいち清潔感に欠ける・・・」

 

確かに、銭湯に置いてあるサウナマットは薄いビート版のような感じなので厚みは無いです。

そしてたくさんの人が使いますし、水で洗い流すマナーがあるにもかかわらず、それをしない人もいるので、ちょっと清潔感が無いと感じる方は多いと思います。

 

しかし、そんな不満は「マイサウナマット」で解決です。

私もいち早く購入したわけではありませんが、備え付けのサウナマットの雑な扱いをするサウナーをたくさん見てきて、やっぱり自分専用のサウナマットがあればもっと気持ちよくサウナを利用できると思い、Totonoi Japanさんのサウナマットを思い切って購入しました。

 

買うほどでもないかな、と思うかもしれませんが意外とメリットが多くあります。

  • Totonoi Japanさんはサウナグッズ専門店なので品質が安心
  • 座り心地がいい
  • 自分専用なので特別感がある
  • 玄人感のオーラが出る
  • サウナが今まで以上に楽しくなる

 

ということで今回はサウナマットに興味を持っているみなさんに、Totonoi Japanさんのサウナマットを紹介します。

記事内容としてはこのような内容です。

  • 商品概要と特徴
  • メリットとデメリット
  • お手入れ方法
  • 購入方法

 

最後までをご覧いただくことで、

「Totonoi Japanのサウナマット、いいじゃん」

「なるほど。比較材料になるね!」

というように、Totonoi Japanさんのサウナマットを購入するかどうかの判断材料となりますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

それでは見ていきましょう!

この記事を書いた人

profile-img

 

Totonoi Japan とは

サウナに入る男性

""Totonoi Japanは、サウナグッズ専門店として日本でも数少ない、サウナに特化したライフスタイルブランドです。サウナでの人とのコミュニケーション、ストレス解消などを通して得られる物事を「ととのい」としてテーマに掲げ、サウナを日常生活の一部に捉えた、価値ある体験の提供を目指しています。"" 

引用元:Totonoi Japan様WEBサイトより

取り扱い商品は、サウナハット、サウナマット、アロマウォーターやポンチョまで、サウナに特化した商品を取り揃えております。

 

Totonoi Japanの折りたたみサウナマット

Totonoi japanのサウナマット

商品の基本情報

【カラーは全5色】グレー、ブルー、ブラック、ネイビー、イエロー

【素材構成】表面:ナイロン、中材:SBR、フチ:ポリエステル

【サイズ】横40.5cm×縦30.5cm

【材質】ポリエステル, ナイロン

【価格】通常価格3,480円 → ただいまセール中なので¥2,480です!

今すぐ購入する方はこちら!

※予告なくセールが終了する場合がありますので御了承ください。

 

 

デザインと素材

シンプルな長方形です。

横40.5cm×縦30.5cmの大きさなので、A4サイズの用紙の1.3倍ぐらいあります。

 

素材はウエットスーツ等で利用される水や汗が浸透しにくいSBR素材なので、水や汗が浸透にしにくいのが特徴です。

そして断熱効果があります。

熱を通しにくい素材なので、サ室ではお尻が熱くなりにくく快適です。

 

 

フィット感

やわらかい材質なので座り心地はとてもいいです。

ふかふかというより、ちょっとした低反発のような感じなので、個人的にはお尻はまったく痛くなりません。

 

 

しっかりとした造り

Totonoi japanのサウナマットの淵

ふちまわりは黒い生地がしっかり縫いつけてあるので、ほつれる心配がありません。

これなら丈夫で安心です。

 

 

 

サウナで感じたメリット

sauna

座り心地がいい

低反発な感じなのでしっかりお尻がフィットします。

1ターンでだいたい10分ぐらい入る私にとっては大変ありがたいです。

お尻が痛くならないので、余計なことを考えず心を無にして汗をかくことができます。

 

 

ととのい椅子にも使える

ととのい椅子に座るときに、お尻が冷たいのが苦手、という人もいます。

そのようなときもサウナマットが活躍します。

サ室、ととのい椅子、浴場内の壁付けベンチなど、どこでも使うことができるのもマイサウナマットのいいところです。

 

 

自分専用なので特別感がある

自分で購入したサウナマットは特別です。

備えつけのサウナマットは誰が使ったのかもわかりませんし、マナーとして使用後にちゃんと水洗いしているのかもわかりません。

マイサウナマットは自分しか使いませんので衛生的にもとっても安心です。

「これは俺だけのサウナマットだ!」とあふれ出てくる特別感はサウナーにしか味わえません。

 

 

玄人感を出せる

私の経験上、サウナに行ってマイサウナマットを持参している人は0~2%程度です。

定員15名のサウナですと、1~3名いるかどうかというレベルです。

 

他のお客さんが備え付けのサウナマットを利用していりなか自分だけがマイサウナマットを敷くのですから玄人感が出ること間違いなしです。

それになんといってもTotonoi Japanさんはサウナ専門店ですので、「こだわっている」感は倍増です!

「俺はミーハーじゃない」

「しっかりととのうためにサウナに来ている」

というオーラが出せます。

 

玄人感とかオーラとかどうでもいいと思うかもしれませんが、やっぱり「こだわっている」人ってかっこいいんですよね。

みなさんも大好きな趣味があると思いますが、キャンプにしても、釣りにしても、旅行にしても、食べ歩きにしても、好きなモノに対してこだわりがあって、用具をそろえたり、情報を発信したりしている人って、絶対人生を楽しんでいるはずです。

人生を楽しんでいる人ってまわりから見たらやっぱりかっこいいですよ。

 

 

 

 

折りたたみ式で持ち運びが便利

ゴムバンドが付属品でついており、折りたたんだサウナマットにバンドをまくとコンパクトになります。

マットには縫い目があるのでパタパタとたたみやすい造りです。

たたんだ状態の大きさは、縦14cm × 横16cm × 厚み5cm です。

イメージとしては単行本ぐらいのサイズまで小さくなり、とってもコンパクトになります。

一つ目の写真は、折りたたんだサウナマットと単行本を実際に並べてみました。

 

また、ビニールケース(二つ目の写真)が付属されていますので、たたんでケースに入れておけば持ち運びも便利です。

ビジネスバッグやリュックサックにも入れられるし、使用後の濡れた状態でもビニールケースに入れておけばカバンが濡れる心配はありません。

 

サウナマットを置いていない施設もある?

銭湯によっては備え付けのサウナマットを置いていないところもあります。

このような不測の事態に「マイサウナマット」があるとめちゃくちゃ安心です。

 

それに、サウナマット用としてタオルを貸してくれるところもあるのですが、タオルだと熱を遮断できません。

2~3分も座ればじわじわと熱がお尻に伝わってきます。

これでは全然集中できず、ととのうどころではありません。

 

特にサウナ巡りをする人は「行ってみないとわからない」ことが多いと思いますので、マイサウナマットは良き相棒となります。

 

 

 

 

ん~・・・と思ったところ

考える人

 

イエローは黄緑

今回私が購入したカラーは「イエロー」です。

しかしイエローといっても写真でわかるとおり、ほぼ「黄緑」です。

 

私は特に気にしませんでしたが、もしイエローを選ぶ方がいて黄色をイメージしていたら、届いてから「あれ?」となりますのでプチ情報として掲載させて頂きます。

他のカラーは購入していないのでわかりませんが、若干写真との違いは許容範囲として予測しておいた方がいいと思います。

 

 

 

価格が高い印象

Totonoi Japanさんのサウナマットは通常価格3,480円(セール中は¥2,480 )です。

Amazonや楽天でサウナハットを見ると、数百円のものがあったり、1000円台のものがあったりするので高い印象かもしれません。

 

しかし数百円や1000円台の商品は少し安っぽい印象で、デザインもイマイチです。

しかしTotonoi Japanさんのサウナマットは素材はいいモノを使っていますし、シンプルかつ高級感のあるデザインとなっております。

 

価格が高い印象ですが、個人的にはそれだけの価値はあると思います。

 

 

 

100円ショップのサウママットと比較

100円ショップのサウナマット

先ほど述べたように、Totonoi Japanさんのサウナマットはそれなりのお値段なので、安いものでいいじゃん、と思う人もいると思います。

といことで某100円ショップでサウナマットを購入してみました。

【サイズ】39cm ×29cm ×1cm

【材質】ポリエチレン(座ってみると発泡スチロールのような感触)

折りたたむとこんな感じ。

 

 

一見100円ショップでいいじゃん、と思うかもしれませんが、Totonoi Japanさんのサウナマットと比較するとこのような感じです。

 100円ショップのサウナマットTotonoi Japanさんのサウナマット
サイズ横39cm × 縦29cm 横40.5cm × 縦30.5cm
座り心地普通(値段としては十分)フィット感がある(低反発のような感触)
折りたたみ後の大きさ

横39cm × 縦8cm 

100円ショップのサウナマットを折りたたんだ写真

縦14cm × 横16cm

折りたたんたサウナマット

 

どちらでも十分にサウナマットとしての役割を果たせますが、総合的にTotonoi Japanさんのサウナマットの方が機能的です。

100円ショップのサウナマットは個人的にはこのような方におすすめ。

  • まだサウナにハマるかわからない
  • メインで使用するサウナマットを忘れたときの予備

という使い方がいいのかなと思います。

 

 

簡単お手入れ

洗濯

お手入れも簡単です。

使用後はネットに入れて洗濯機で洗う、そして干すだけ!

 

注意点は3つあります。

  1. 洗濯後は濡れた状態で長時間おかないこと(すぐに干す)
  2. 乾燥機はNG
  3. 漂白剤はNG

 

購入方法

購入

購入方法の主に3つあります。

Totonoi Japan オンラインショップで購入

Amazonで購入

楽天で購入

 

ただいまセール中なので ¥3,480 ¥2,480です!

※ただしセール期間が記載されていないので予告なくセールが終了する場合がありますのでご注意ください。

 

 

ビニールバッグにサウナアイテムを収納

ビニールバッグ

サウナにハマりだすとやはりサウナアイテムが増えてきます。

アイテムが増えてきたら100円ショップで購入できる小さいビニールバッグを準備していきましょう。

バッグなんて大げさに感じるかもしれませんが、人によってはこれだけのモノがあります。

  • サウナマット
  • サウナハット
  • ドリンク
  • シャンプー類(備え付けが無いとき)
  • サウナ用メガネ(メガネ着用者)
  • タオル

物置ラックも混雑しているときはかなりカオス状態ですので、ビニールバッグにひとまとめにしておけば取り違えがありませんし、置き場所に困りません。

 

 

 

まとめ

今回紹介したTotonoi Japanさんのサウナマット、いかがでしたでしょうか。

 

私がサウナで感じたメリットはこの5つです。

  • Totonoi Japanさんは品質が安心
  • 座り心地がいい
  • ととのい椅子にも使える
  • 特別感がある
  • 玄人感が出る
  • 持ち運びが便利

そして、価格は高く感じるかもしれませんが、デザインや品質を総合的にみると購入する価値はあるとみています。

 

Totonoi Japanさんのサウナマットで上記であげたメリットを体感することで、これまで以上にサ活が楽しくなります!

 

気になる方や買ってみようかな、という方はカラーバリエーションも豊富なので、Totonoi JapanさんオンラインショップAmazon楽天、どこでも売ってますので見てみて下さいね。

それではみなさん、楽しいサ活を!

 

Totonoi Japanさんのサウナハットのレビューはこちら。

人気のあるサウナ
混雑必須・待ち時間あり!しかし一度は行くべき人気のサウナ5選

続きを見る

スポンサーリンク

-サウナ
-, ,

© 2024 人生フリーハンド Powered by AFFINGER5