サウナ

サウナ初心者に伝えたい!私が実際に遭遇した悪いマナー5選

スポンサーリンク

サウナではお静かに

 

空前のブームになっているサウナですが、大勢の方が利用するのでやはりマナーについてはしっかり押さえておきたいところです。

もちろん、書籍やネットで検索すればサウナのマナーについてはたいてい調べがつきます。

 

しかし本記事で紹介するのは

  • ネットで意外と紹介されていない
  • 知らずうちにやっているかも
  • 目のあたりにしたら本当に頭にくる

このような観点で、私の実体験として5つ紹介します。

私が実際に遭遇した悪マナー5選

  • サ室で集団会話
  • 汗をベチャベチャ
  • サウナマットを水風呂へ
  • 椅子にかけ水をバシャバシャ
  • ととのい椅子でしゃべりっぱなし

 

細かい点かもしれませんが、「それね、それね」と共感してくれる方がいるはずです。

また、これからサ活を始める方はマナーについても調べることと思いますので、もし本記事にたどり着いてくれた方は、さくっと読み終わるので最後まで読んでいただて「ふむふむ」と感じていただけらうれしいかなと思います。

やっぱりみんなが気持ちよくサ活できた方がいいに決まっているんでね。

 

それでは詳しく紹介していきます。

この記事を書いた人

profile-img

サ室で集団会話

黙浴にご協力お願いします。

黙浴の張り紙があるのにできない若者がいるんですね。

黙浴マナーは当然ながらネットで紹介されていますが、私が遭遇したのは度が過ぎていたので紹介させて頂きました。

 

大学生4人ぐらいでドラクエ行動していたんですね。

 

ドラクエ行動とは

2~5人くらいの集団でサウナも水風呂も休憩も、どこにいくにもぞろぞろと一緒に行動をする行為です。 RPGゲームのドラクエのパーティーに似ていることから来ています。

 

サ室にゾロゾロと入ってきて、楽しそうに会話しはじめました。

しかも笑い声半端ない。

みんな黙浴を守っているのに・・・。

 

私も心の中で「最悪だ・・・」と思い始めて数分もたたないうちに近くにいた若いお兄さんが

「うるせーよ!」

と一喝。

 

大学生はシュンとしてサ室を後にしました。

ザッザッザッザ。(ドラクエの町から出るときの効果音)

 

ちなみに、2~3人でのコソコソ話でもけっこう気になるので、サ活初心者の方、黙浴は守りましょう

 

 

汗をベチャベチャ

サウナで汗をかく男性

サウナで汗をかくことはとても気持ちがいいですよね。

しかしその気持ちいい汗も一歩間違えれば周囲のお客さんの気を害します。

 

汗がしたたり落ちるのが気になるのはわかるのですが、手のひらでベチャベチャと音をたてて汗をぬぐうのはやめましょう。

 

シーーンとして静かなサ室で、まるで車のワイパーのように腕や体をなでるように汗をぬぐい落すと、すんごいベチャベチャ音がするんですよ。

汗はタオルでふきましょう。

あの音は絶対気になっている人いますから。

 

 

サウナマットを水風呂へ

サウナマット

ほとんどのサウナ施設では、サ室の前にサウナマットを置いてくれていますよね。

みなさんサウナマットを水なりお湯をかけてから使用したり返却したり、マナーを守っています。

 

しかし、先日お邪魔した銭湯では、サウナマットを手に取り、かけ湯をして使用すると思いきや、サウナマットを直接水風呂につっこんでかけ湯代わりにしてサ室に持ちこむ若者がいました。

それは無いだろー。

目を疑いましたね。

ホントにNG行為です。

 

 

 

椅子にかけ水をバシャバシャ

かけ湯

ととのい椅子に座る前、そして椅子から離れるとき、かけ湯をするのがマナーです。

かけ湯をするのはいいのですが、となりに人が座っているのにバシャバシャとかけ湯をする人がいるんですよ。

お湯ならともかく、水のときは最悪ですよ。

 

となりに人がいるの見えますよね。って感じです。

かけ湯は静かに、そして上品にかけましょう。

 

 

ととのい椅子でしゃべりっぱなし

外気浴

ととのい椅子で外気浴、最高ですよね。

でも、ととのい椅子の数は限りがありますから、脈が平常に戻ったら次のお客さんに譲りましょう。

 

私が以前遭遇したには二人組の若い社会人。

外気浴ができるところで、ととのい椅子に座って仕事がどうのこうの話をしています。

 

「うるさいな」と思いつつ彼らの隣に座ります。

10分休憩して脈拍が落ち着いて2ターン目のサ室へ行きました。

 

そしてサ室で10分過ごし、水風呂をつかって外気浴に戻ってきたとき、彼らはまだくっちゃべっていました。

この時点で少なくとも20分以上は経過しています。

 

こんなやつもいるか、と思いつつ10分休憩して3ターン目のサ室へ。

そして外気浴へ戻ってくるとまだ会話をしています。

 

ととのい椅子の数が豊富ではなかったので、さすがに頭にきましたね。

みなさん、ととのい椅子は限りがあるので、休憩したらすぐに次のお客さんに譲りましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

それぐらいいいんじゃない?とか、気を付けた方がいいよね、と思うかは人それぞれだと思いますが、少なからず気になる人はいると思いますので、サ活初心者の方は、これからのサ活の参考にしていただきたいです。

私も偉そうなことは言うつもりはありませんので「人の振り見て我が振り直せ」でマナーには気を付けていきたいと思います。

 

ということで「私が遭遇した悪マナー5選」でした。

  • サ室で集団会話
  • 汗をベチャベチャ
  • サウナマットを水風呂へ
  • 椅子にかけ水をバシャバシャ
  • ととのい椅子でしゃべりっぱなし

それではみなさん、良いサウナ活動をお送りくださいませ。

またお会いしましょう。

 

最後に・・・

サウナで仕事パフォーマンスを上げたい!

「ととのう」を科学的に知りたい!

という方には医者が教えるサウナの教科書 はけっこうおすすめです。

souna-room
サウナの教科書を読んでサウナをより深く楽しもう

続きを見る

スポンサーリンク

-サウナ
-, , ,

© 2024 人生フリーハンド Powered by AFFINGER5